Hope for the Future

山梨プロジェクト

SJC協同組合、一般社団法人外国人支援センター共同プロジェクト

募集

メンバーYBD(Young×Yamanashi Board of directors)

2021年3月31日の時点で18歳以下の方、国籍不問

ご報告

「プロジェクトリーダーYCD」が決定しました。(Young×Yamanashi chief director)

FullSizeRender (1).JPEG

 YCDの決定 〇YCD(Young×Yamanashi chief director)、 はHPで応募し、審査の結果、弊組合と共に外国人と共生できる山梨の未来を創っていく最高責任者として、山梨県甲州市在住、秋山星遥さん(17歳)を任命します。当組合の外国人労働者に関わる環境整備にともなう達成目標の策定と未来の山梨県に必要な政策提言を考えていきます。具体的には策定のためのプロジェクト会議のほか、山梨県庁への政策提言プレゼンテーションを計画しています。

〇任期:2020年12月1日から2021年10月31日までの一年間

「Hope for the Future山梨プロジェクト」について

 弊組合は外国人技能実習生制度や特定技能制度を通じ、山梨県の未来を明るく豊かなものにするために、外国人と雇用を行う企業、両方のパートナーとして働く環境をサポートする組合です。

 山梨県は、少子高齢化による労働人口減少の一途をたどりっており、今後、外国人の力を借りなくては生産性を維持していくことはできません。

 しかし、外国人と共生する社会が予想される中、まだ多くの面で課題が残っています。山梨県が外国人に選ばれる県になる為には、中長期的な視点で問題解決を目指し、未来を創造していく必要があります。その為、弊組合としては10年後、20年後の山梨を支える当事者である高校生世代とともに、これからの山梨について考え、運営に取り組むべきであると考えました。

 よって、2020年11月から18歳以下限定で「Hope for the Future山梨プロジェクト」を新設し、プロジェクトリーダーYCD(Young×Yamanashi chief director)とメンバーYBD(Young×Yamanashi Board of directors)の一般募集することとしました。

- YBDの詳細 -

〇役割

YBD(Young×Yamanashi Board of directors)はYCDと共に当組合の外国人労働者に関わる環境整備にともなう達成目標の策定と未来の山梨県に必要な政策提言を考えていきます。具体的には策定のための会議のほか、山梨県への政策プレゼンテーションを計画しています。

〇任期:2020年11月1日から2021年10月31日までの一年間

〇応募資格

・役割を理解し、遂行できる方(毎月一度程度集まります。)

・2021年3月31日の時点で18歳以下の方

・国籍不問(ただし、日本語での日常会話が可能なこと、日本国内在住の方に限ります。)

プロジェクトメンバーのエントリーについて

募集テーマ
「外国人技能実習生に選ばれる県になるためには」
(800文字から1200文字以内)

募集期間

2020年10月1日~2020年12月中旬まで

プロジェクトメンバーの活動計画について

2020年10月 YCD及びYBDメンバー募集・選考

2020年11月 決定、委嘱式、顔合わせ、オリエンテーション、第一回会議

2020年12月 第二回会議、SJC協同組合主催クリスマスパーティー参加            2021年1月 SJC協同組合インターン体験(管理、監査)、第三回会議

2021年2月 第一回研修会 (講演者未定) 

2021年3月 第四回会議、SJC協同組合インターン体験(日本語学校)

2021年4月 第五回会議、GWイベント開催、ベトナム人高校生とのWEB会議

2021年5月 第六回会議 SJC協同組合第二回総会参加「達成可能目標発表」

2021年6月 第七回会議 ベトナム人高校生とのWEB会議

2021年7月 第八回会議、第二回研修会(講演者未定)

2021年8月 第九回会議 山梨への政策提言

2021年9月 第十回会議 年間報告書作成

2021年10月 修了式

お問い合わせ、応募に関して

フォームまたは等組合までお電話にてご連絡下さい