外国人技能実習生受入事業とは

「外国人技能実習生受入制度」とは日本政府公認の、国際貢献・協力事業です。本制度はベトナム、ミャンマー、スリランカなどの開発途上国の若者たちに日本の技術・知識(技能)を習得してもらうことで、帰国後に母国の産業振興・発展に寄与できる優秀な人材を育成することを目的として1993年に創設されました。

技能実習生の受入には、海外とのやり取りや、入国後の実習生に対する支援、様々な許可申請書類の作成を行っていく必要があるため、我々のような組合のサポート・フォローを受けることが必須となります。

外国人材はここ数年問題になっている少子高齢化問題に端を発した「2025年問題」への危機意識から大きな注目を集めております。その中でも外国人技能実習生たちが多くの企業様から選ばれております。

GoodSmile.jpg

​受け入れを検討される前に

​実習生受け入れ可能職種を確認する

225660_edited.jpg

​実習生受け入れ可能人数を確認する

一般職種

介護職種

%E5%9B%B32_edited.jpg

技能実習の期間と在留期限について

技能実習の期間と在留資格

技能実習生の在留資格は「技能実習1号/2号/3号」の3つに分類されています

SJC協同組合_事業内容_1.png

受け入れ可能職種一覧に記載されている職種と合致すれば3年~5年の技能実習が可能です

※1:技能実習3号の受入につきましては一定の条件を満たす必要があります(要相談)

※2:在留資格の切り替えには「技能実習評価試験」に合格する必要があります

実習生採用のメリット

SJC協同組合_事業内容_2.png

入国までの流れ

SJC協同組合_事業内容_3.png

受入までの流れ技能実習生を受け入れるには先ず組合に加入していただきます(組合への加入審査があります)。

加入していただいた後、求人募集をかけて集まったまった候補者から面接をして実習生の選定をしていただきます。

合格していただいた生徒は学校へ入り日本語の習得に努め、組合が入国させるための書類手続きを進めます。

入国した生徒は1ヵ月の法定講習を経て組合員様へ配属となります。

 

技能実習生の面接から入国までは下記の期間を要します(地域については一例です)

一般職種:6~8ヵ月

介護職種:6~8ヵ月(ミャンマー)

介護職種:11~12ヵ月(ベトナム)